サシエとマキエの同調

サシエとマキエの同調が上手くできれば…

マキエの方が抵抗が少なく、早く流れることが多いので、基本的には

ウキの後方にマキエをします(風や潮流・マキエなどの状況によります)。

仕掛けがなじむと、ちょうどサシエとマキエが同じ深さになる、これが同調です。

言うまでもなくサシエがマキエの中にあることが理想なのですが、

この状況を作り出すことが、フカセ釣りの一番難しいところです。

海には、潮流があるために、実際に目で見た状況と海面下の状況は違っていたりします。

しかも何の抵抗もないマキエと、仕掛けがついているサシエでは、

流されるスピードと、沈下スピードが違うのです。

さらに海面上でも、風の影響などで仕掛けに抵抗がかかり、

仕掛けを引っ張られることにより、マキエと同調させるのは難しくなります。

しかし、逆を言えば、同調がうまくできれば、

チヌ・クロダイが釣れる可能性は当然高くなります。

タグ

最新情報