チヌ・黒鯛釣りのガン玉

釣果に響くガン玉

ガン玉の役割は、エサを自然な速度でチヌの口元まで落とすための仕掛けです。

チヌ・黒鯛釣りのガン玉

本来であれば、エサの重さだけで自然に落下すればいいのですが、

波の強さや風により狙ったタナに自然に落ちてはくれません。

そこでガン玉をつけるのですが、打つ位置をどこにするかで、

その釣り人の技量が問われます。

目指す状態としては、あなたが少しじれったく感じるほどゆっくりと水中を落下する

状態がベストです。

落下していく間にエサの匂いをチヌが嗅ぎ付け、タナに辿り着いた途端に

アタリが来ることがあります。

具体的な打ち方

ガン玉をつける位置については色々な意見がありますが、一般に

一カ所に集中してつけるよりも分散して打つと自然な落下を演出することができます。

ただ、水深がかなり深い場合はガン玉に頼るよりもオモリをつけて落とす方が

有効な場合もあります。

ガン玉の打ち方は自分なりのやり方でアレンジしていけますので、

フィールドに合わせて色々な打ち方を試して下さい。

タグ

最新情報