チヌ・黒鯛のエビ撒き釣り

エビ撒き釣りとは?

活性が悪くなる冬頃には、エビ撒き釣りが大変有効です。

一番活性の高い乗っ込みの時期や秋頃であれば、チヌは食欲旺盛なので

マキエもあまりメリットがありません。

エビ撒き釣りは名前の通り、エビを海に撒いて魚を寄せます。

柄杓にエビを入れててのひらで押さえてから水中に撒きます。

柄杓で投げられる範囲に止まりますので、あまり遠くのポイントを狙うことはできません。

釣り方

生のエビを撒くのですから、釣り上げるポイントを予め決めておく必要があります。

潮の流れが速すぎるとマキエがさらわれてしまうので、効果が半減してしまいます。

かと言って、まったく流れがないとマキエが広がらず、魚が寄ってきません。

適度なポイントを見つけて撒くようにしましょう。

チヌは中層を好みますので、底よりは少し上のタナを狙います

ハリスもタナに合わせて長く取る必要があります。

タグ

最新情報