チヌ釣りのコマセ


マキエの打ち方

どこに撒いて、どのように釣るのかをイメージする!

マキエはやみくもに撒いても、チヌ・クロダイを寄せることはもちろんできないし、

エサ取りをふやすだけです。

どこに撒いて、どのように釣るのかをイメージしないといけません。

1.防波堤先端部の場合

防波堤の先端は、当然人気の釣り場です。

それはなぜかというと、先端部は必ず潮がよれるところができ、当然

エサが豊富に集まる場所もできるからです。

本流筋と引かれ潮、どちらも釣ることができます。

マキエを効かせて釣るなら、断然引かれ潮を釣ります。

本流筋に引っ張られていく潮にマキエを撒いて、本流筋に向かってウキを流します。

2.岸壁の場合

岸壁の場合も角であれば、防波堤と同じように潮流のよれを釣れば問題ないのですが、

面の部分での潮流は横に流れます。

つまり、マキエをとどめることが困難になります。

しかし、海底の状況などで、潮流に変化がでるところができます。

そういった場所を探して釣りましょう。

サシエとマキエの同調

サシエとマキエの同調が上手くできれば…

マキエの方が抵抗が少なく、早く流れることが多いので、基本的には

ウキの後方にマキエをします(風や潮流・マキエなどの状況によります)。

仕掛けがなじむと、ちょうどサシエとマキエが同じ深さになる、これが同調です。

言うまでもなくサシエがマキエの中にあることが理想なのですが、

この状況を作り出すことが、フカセ釣りの一番難しいところです。

海には、潮流があるために、実際に目で見た状況と海面下の状況は違っていたりします。

しかも何の抵抗もないマキエと、仕掛けがついているサシエでは、

流されるスピードと、沈下スピードが違うのです。

さらに海面上でも、風の影響などで仕掛けに抵抗がかかり、

仕掛けを引っ張られることにより、マキエと同調させるのは難しくなります。

しかし、逆を言えば、同調がうまくできれば、

チヌ・クロダイが釣れる可能性は当然高くなります。

タグ

最新情報