チヌ釣りの仕掛け


チヌ・黒鯛釣りタックル作りの基本

複雑な仕掛けは必要ない

チヌ釣りでは様々な釣り方が可能なだけに、仕掛けに対しても複雑なものが必要だと

思い込む人がいるようです。

チヌではフカセ釣りが人気ですが、この仕掛けは実にシンプルなものです。

そもそもロッドの役割とはポイントにエサを入れ、

アタリを感じたら魚の口にハリをかけて釣り上げることです。

チヌは難しい釣りと言われますが、

初心者が釣れて名人がボウズになってしまうケースもあります。

それは仕掛けに凝り過ぎてしまうからです。

名人は細いハリスの方が魚の食いつきがいいことを知っていますので、

細いハリスをわざと使用することがあります。

初心者は基礎を守っていることが多いので、タックルがフィールドに合ってさえいれば

釣れる確率が高くなるのです。

十分な太さのハリスを用いていれば、チヌを釣り上げる条件が整っていますので、

名人がボウズで初心者が釣れる、なんていう現象が起きてしまいます。

タックルに工夫を凝らすのは楽しいものですが、

あまり凝り過ぎると逆に釣れないことがありますのでご注意下さい。

タグ

最新情報