チヌ釣り道具・装備


チヌ・黒鯛釣り道具の揃え方

チヌ釣りの道具

チヌ釣りでは釣り方に合わせて道具を揃えますが、

通常堤防釣りでは以下の道具が必要になります。

● ロッド

● リール

● 道糸

● ハリス

● ヨリモドシ

● ガン玉

● ウキ

● シモリ玉

● サシエサイレ

● 水汲みバケツ

● マキエシャク

● マキエミキサー

● エサ

ロッドの場合、短ザオ、長サオがありますが、フカセ釣りをする場合は

長サオを選びます。

リールは使用するロッドの長さに合わせて購入しましょう。

中型以上のチヌを釣った場合、ハリスが傷むことが多いので、

激しいファイティングの後はハリスに傷がないかどうか調べましょう。

傷を見つけた場合、即座に新しいものに取り替えてください。

チヌ・黒鯛釣りのロッド

初心者はロッド選びで迷いますが、基本的には腕の力が弱い人は短い竿を、

力が強い人は長い竿を選ぶと使い易いでしょう。

ただし、あまり短いものを選んでしまうと、フカセ釣りでは使い勝手が悪いようです。

チヌ・黒鯛釣りのロッド

短ザオ

堤防釣りでは短ザオが用いられることが多いようです。

竿先でアタリが取れるので、繊細なアタリも見逃さずに釣ることができます。

五洋調子と呼ばれる短ザオは極めて穂先が柔らかく、

短ザオを用いる場合にはお勧めです。

名人クラスの人も、五洋調子を愛用している人がいます。

長サオ

短ザオは扱いやすく、沖フカセでも距離を飛ばせばカバーはできますが、

最近の堤防は補強され、より遠いポイントを狙う必要が出てきました。

長サオは「ヘタの長竿」とも言われ、「重くて糸が絡まりやすい」と

敬遠する人もいますが、フィールドによっては短い竿では対応できない

ところがありますので、うまく活用してみて下さい。

メリットとしては固定して釣る場合、ウキ下を長く取れること、

遠くのポイントを狙える点です。

チヌ・黒鯛釣りのリール

ロッドに合わせて選ぶ

リールは使用するロッドに合わせて選びます。

また、磯釣りではスピニングリールを使用しますが、

フカセ釣りではレバーブレーキ付きのリールが一般的です。

チヌ・黒鯛釣りのリール

スピニングリールの場合、キャストしたときによく飛ぶので便利ですが、

チヌのように激しい突っ込みをする魚の場合、レバー操作でイトを出せる

レバーブレーキリールの方が向いています。

リール選びのポイント

ロッドとのバランスを考えながら、自分に最適なリールを探すのは難しいものです。

チェックポイントとしては以下を参考にして下さい。

● 糸が平行で綺麗に巻けるかどうか

● ドラグがスムーズに動くかどうか

● スプールの材質の強度は高いか

● ベールが頑丈かどうか

糸が綺麗に巻けるものは、リールの精度が高い証拠です。

もちろん、精度の高いものはお値段もそれなりのものになります。

糸よれを起こさないものを選びましょう。

また、突然の強い引きに対して、ドラグがスムーズかどうかで性能がわかります。

糸がうまくでないと、ロッドが曲がって糸に抵抗がかかり、最悪の場合、

ラインブレイクを起こします。

スプールが安物だと傷がつきやすいので、長く使用するつもりなら、

高くても金属製のものを選んで下さい。

ベールについても同様です。

チヌ・黒鯛釣りのハリスとハリ

ハリスの種類

ハリスについては、フロロカーボンナイロン製があります。

最も使用されている号数は1.5号で、人によってはハリスの太さに神経質になり、

細いものを使用しているようです。

チヌ・黒鯛釣りのハリスとハリ1

チヌは警戒心が強いので、ハリスは見えないに越したことはありませんが、

それよりも確実に釣れる号数のハリスを使い、仕留める方が重要です。

チヌ用のハリが大きい理由

あなたが釣り具店でハリが並んでいるところを見たとすると、

チヌ用のハリが太くて大きいことに気づくでしょう。

そしてとても鋭い針先になっているはずです。

なぜなら、フカセ釣りをする場合、一般のウキ釣りで使用されているハリよりも

大きめのものを使い、エサを上下させて自然に落下を演出して釣るためです。

チヌ・黒鯛釣りのハリスとハリ2

また、チヌの口は大変大きく、30cm以上のチヌを釣るためにはそれに合わせた

大きなハリでなければ釣り上げられません。

そしてがっちりとかかるように針先の鋭さも重要な要素です。

チヌ・黒鯛釣りのガン玉

釣果に響くガン玉

ガン玉の役割は、エサを自然な速度でチヌの口元まで落とすための仕掛けです。

チヌ・黒鯛釣りのガン玉

本来であれば、エサの重さだけで自然に落下すればいいのですが、

波の強さや風により狙ったタナに自然に落ちてはくれません。

そこでガン玉をつけるのですが、打つ位置をどこにするかで、

その釣り人の技量が問われます。

目指す状態としては、あなたが少しじれったく感じるほどゆっくりと水中を落下する

状態がベストです。

落下していく間にエサの匂いをチヌが嗅ぎ付け、タナに辿り着いた途端に

アタリが来ることがあります。

具体的な打ち方

ガン玉をつける位置については色々な意見がありますが、一般に

一カ所に集中してつけるよりも分散して打つと自然な落下を演出することができます。

ただ、水深がかなり深い場合はガン玉に頼るよりもオモリをつけて落とす方が

有効な場合もあります。

ガン玉の打ち方は自分なりのやり方でアレンジしていけますので、

フィールドに合わせて色々な打ち方を試して下さい。

タグ

最新情報