チヌ釣り・黒鯛釣りの基本


チヌ釣り・黒鯛釣りの楽しさ

簡単に釣れないからこそ楽しい

チヌは波止場や漁港で手軽にフィールドに行ける反面、

簡単にタックルに引っかかってくれません。

しかし一旦エサに食いつくと激しく頭を振って抵抗し、

ロッドに振動を感じるほどの独特の引きを味わわせてくれます。

チヌ釣り・黒鯛釣りの楽しさ1

また、引きで楽しませてくれるだけではなく、針のような背びれを立て、

黒みを帯びた銀色の魚体は堂々として美しく、釣り上げた満足を高めてくれます。

バリエーション豊富な釣り方

チヌを狙うためには、色々な釣り方があります。

堤防での落とし込み釣り前打ち磯釣りフカセ釣りなど、

様々な釣り方があるため、それぞれの好みのスタイルでチヌ釣りを楽しめます。

また、沖磯まででなくても波止場や漁港などの

比較的近場で大物を釣り上げられるのも魅力の一つです。

チヌ釣り・黒鯛釣りの楽しさ2

チヌ・黒鯛のフカセ釣り

フカセ釣りとは?

フカセ釣りはウキもオモリもつけずに仕掛けを海に漂わせて、

魚を釣り上げる釣法のことです。

ウキを使用する場合はウキフカセ釣りと呼ばれ、

こちらも大変ポピュラーな方法になっています。

フカセ釣りではマキエを使い、魚を寄せて、そこに自然にエサを落下させて食わせます

チヌ・黒鯛のフカセ釣り

釣り方

波止場ではある程度、潮の流れのある場所や流れが変化するポイントが狙い目です。

フカセ釣りでは流れに乗せた水中の糸を斜め前方に流し、

ウキよりもサシエを前に流します

また、アタリを取るのはウキよりもラインを見て、糸の張りで見極めます

そのため、ラインはある程度緩めた状態にしておきましょう。

チヌ・黒鯛のエビ撒き釣り

エビ撒き釣りとは?

活性が悪くなる冬頃には、エビ撒き釣りが大変有効です。

一番活性の高い乗っ込みの時期や秋頃であれば、チヌは食欲旺盛なので

マキエもあまりメリットがありません。

エビ撒き釣りは名前の通り、エビを海に撒いて魚を寄せます。

柄杓にエビを入れててのひらで押さえてから水中に撒きます。

柄杓で投げられる範囲に止まりますので、あまり遠くのポイントを狙うことはできません。

釣り方

生のエビを撒くのですから、釣り上げるポイントを予め決めておく必要があります。

潮の流れが速すぎるとマキエがさらわれてしまうので、効果が半減してしまいます。

かと言って、まったく流れがないとマキエが広がらず、魚が寄ってきません。

適度なポイントを見つけて撒くようにしましょう。

チヌは中層を好みますので、底よりは少し上のタナを狙います

ハリスもタナに合わせて長く取る必要があります。

チヌ・黒鯛の落とし込み釣り

落とし込み釣りとは?

落とし込み釣りは、ピンポイントを攻める釣りです。

フカセ釣りの場合は、糸を横に流す、いわば「横の釣り」ですが、

落とし込み釣りは縦の層を集中的に狙う「縦の釣り」と言えます。

落とし込み釣りではエサを真っすぐに落とし、マキエなども使用しません。

ですが、狙いが当たると良く釣れるので、フカセ釣りで釣れなかった人は

落とし込み釣りに夢中になることがあるようです。

釣り方

エサを水中に真っすぐ落とすので、当然重いオモリを使用します。

魚は上から落ちてくるエサに反射的に食いつく性質があるので、

そこにチヌが入れば食らいついてくれます。

また、狙ったポイントで釣れなければ、釣れるポイントを求めて移動することも

落とし込み釣りの特徴です。

そのため、移動しやすい軽装を心がけて下さい。

チヌ・黒鯛釣りに出る前の下準備

天候や気温、潮の干満を調べておく

チヌ釣りでは川の釣りとは違い、海をフィールドとすることから、

潮の干満に気を配る必要があります。

予め行き先のフィールドの干潮と満潮の時刻を調べておきましょう。

また、その日の天候、風向き、水の濁り具合、水温や立地条件など

様々な要素を頭に叩き込み、釣り方を考えていきます。

チヌの性質から考えると、好天の穏やかな日よりは、曇天か小雨の降る日、

あるいは風が強くて波立のある日の方が有利です。

釣り方に合わせたスタイルを

チヌ釣りには色々な釣り方があるため、釣り方に合わせた下準備が必要です。

あなたがもし落とし込み釣りをするなら、釣り場をどんどん移動するため、

荷物をできるだけ軽くするといいでしょう。

また、オキアミを使用する場合は冷凍されていますので、

釣り場に到着する頃合いにほどよく溶けるようにしておきましょう。

もしくは釣り場近くの店ですでに解凍されたオキアミを売っていることもありますので、

よく行く釣り場があればそうしたお店を見つけておくのも便利です。

チヌ・黒鯛釣りのマナー

当然のことですが

釣り場には自然に還らないもの、お弁当の空などのゴミはすべて持ち帰りましょう。

また、チヌは音に非常に敏感な魚ですから、大声を出したり、

子供を連れてきて釣り場で騒ぐと他の釣り人にとって迷惑になります。

釣り場を綺麗に保つこと、他の釣り人が迷惑に感じるようなことをやらないこと。

この2点は最低限守るべきマナーです。

挨拶は必要?

先に釣りをしている人がいたら、こちらから挨拶をする方が感じがいいものです。

挨拶がてら、その釣り場でのアタリのエサなど、色々な情報を手に入れる

きっかけにもなります。

ですが、中には声をかけられることを嫌う人もいます。

雰囲気を見極めるのは難しいですが、そのような方はそっとしておいてあげるのも

一つの優しさです。

タグ

最新情報