チヌ・黒鯛の攻略法


早春のチヌ釣り・黒鯛釣り攻略法

早春はこう攻める!

春になると、チヌ・黒鯛の大きな群れは産卵に備えて海藻の生い茂った、

浅い波静かなワンド状の場所へやってきます。

このような海底は、得てして岩盤や岩礁帯であることが多いので、

必然的に狙い目は海藻帯の上や、海藻帯と砂地の境

少し底を切るくらいのウキ下で狙うことが多くなります。

早春の時期は水温も低く、エサ取りも少ないので、通常のオキアミでいいでしょう。

春も半ばを過ぎ、水温が18度を超えると、いよいよ乗っ込みも佳境に入ります。

ただ、水温の上昇とともに小サバやベラ、フグなどがうるさくなってくると、

軟らかいオキアミではあっという間にエサがなくなり、歯が立たなくなってしまいます。

そんな時は、エサ取り対策が必要になってきます。

初夏のチヌ釣り・黒鯛釣り攻略法

初夏はこう攻める!

初夏に入るとチヌ・黒鯛の食いは一段落つきます。

こんな時には、意外に思われるかもしれませんが、

乗っ込み期とほとんど同じ場所を狙います。

この時期はチヌ・黒鯛が「いない」のではなく、

産卵で体力を消耗していて食い気がないだけなのです。

そのため、我われにとっては我慢の釣りを強いられることが多く、

その上、エサ取りも多くなります。

このような状況で釣るとなると、やはり、練りエサが効果的なので、底付近まで

しっかりと付けエサをカバーしてくれるように握りを調整します。

夏~秋のチヌ釣り・黒鯛釣り攻略法

夏~秋はこう攻める!

夏になって水温が22度を超えると、これまで以上に浅場や堤防などに着く

イガイやカニを求めてチヌ・黒鯛は活発に浅場でエサを漁るようになります。

落とし込み釣りでは最盛期ですね。

ただ、ウキフカセ釣りではエサ取りが多い時期になってしまいます。

そこで、釣りのスタイル自体を変える必要が出てきます。

激しいエサ取りの猛攻を避けるために、狙う時間帯を夜に変えるか、あるいは

エサ取り対策に効果のあるコーンやサナギなどを付けエサに用いた釣り方にします。

夏の暑さが最盛期となるお盆を過ぎるころになると、気温だけではなく水温も

急上昇します。

こうなると、適応能力の高いチヌ・黒鯛でも、さすがに適水温を

オーバーしているようで、水温の安定する少し深場へと移動します。

このような時の狙い目は、

比較的水深があり、潮通しのよい沖堤防や沖磯となります。

そろそろ涼しい風が吹き始める秋になると、夏にも増して

エサ取りが活発になってきます。

エサ取りは嫌だ、という人は、思い切って釣りをしないのもひとつですね。

秋~冬のチヌ釣り・黒鯛釣り攻略法

秋~冬はこう攻める!

水温が15~16度になる冬を迎えると、チヌ・黒鯛は群れを作って深場へと

落ち始めます。

一般には、「大きな魚から順に落ちていく」と言われていますが、

すべてのチヌ・黒鯛が深場に落ちるわけではなく、

浅場に残って居着きとなって冬を越すものも一部にはいます。

チヌ・黒鯛が深場に落ちると、通常のウキフカセ釣りでは、

まず狙うことができないため、浅場に残った居着きがターゲットとなります。

ですが、この時期でも沖堤防に行けば、大物を狙って釣れることがあります。

釣り方については、エサ取りが少ないので通常のオキアミで狙えばいいでしょう。

タグ

最新情報